>

インターネット広告の歴史

広告の種類

バナー広告とは、ネット上にあるサイトに画像などを使用し見せる広告です。
インターネット広告の中でも1番メジャーな広告と言われています。
動画広告は、企業のCMなどを本編の動画が始まる前に掲載する広告で、今とても人気があるインターネット広告のひとつです。
その他に、インターネットを使用しない新聞広告や雑誌広告やラジオ広告など様々な広告があります。
それぞれの企業に合った宣伝方法を探し、広告を掲載する事で、より効果的に様々な人々に宣伝効果を発揮する事ができます。
広告を掲載するには、多額の費用が発生するため、掲載する広告の大きさや広告を掲載する期間などよく考えた上で決めましょう。
様々な所で、たくさん広告を掲載したからといって、宣伝効果が必ずあるとは限りません。

動画広告のメリットとデメリット

動画に広告を掲載するメリットは、写真などではなく、動画で広告を配信する事ができたり、写真や文章だけで様々な人に見せるよりも、動画で見てもらった方が印象に残り、宣伝効果があるためです。
動画に広告を掲載すると、テレビCMを見てもらった時と同じくらいの宣伝効果もあります。
一方デメリットは、掲載している広告動画を視聴者が、数秒経つと飛ばす事ができるため、最後まで広告動画を見てくれる可能性が低い事や、動画が飛ばせない間にどうやって商品の宣伝をするかが動画広告の難しいところです。
完成度の高い動画を求めれば求めるほど、費用が高額になるため、動画広告を掲載しない企業も多いです。
動画サイトがこれからさらに人気が上がっていく事が予想されるため、動画広告が主流になる日も近いかもしれません。


この記事をシェアする